ウェイト

スタンドに巻きつけます。

■下が重くなる事でスタンドが倒れにくくなります。
『照明機材はスタンドごと倒れるとかなりの高確率で壊れます』

■背景紙のズレ防止に。

などなど様々に使う「ウェイト(重り)」ですが
コレも写真用品で買うと高いモノです。

スポーツ用品の通販なら半額以下で購入可能です。

アンクルリストウェイト

さらにコレよりも安く仕上げる方法も有ります。

100831_88cs.jpg
100830-6.jpg

電源コード

いわゆる延長コードです。

現場ではコレがなかなかのクセモノです。

撮影現場は
「アセりやすい」
「撮影に慣れていない人も現場に来る」
「可愛いモデルさんを目の前にして慌てる!?」
などなどの理由から、
どんなに気をつけていても足を引っかけやすいのです。

すると機材を倒してしまったり、
壊れてしまったり、と最悪の事態も起こします。

こんなカラフルなコードで目立たせるのはかなり有効な方法です。

D WORKsはこちらを使用しています。
ラバロン延長コード

重いコードのメリット

◆こんな長くて重いのは要らない!かも知れませんが思いのほか長さが必要な時ってアリます。
そしてこういったコードは「重い」ので「床から浮かない」事も足を引っかけにくいメリットになっています。

 

色を色々揃えるメリット

◆たくさんの色を揃えると『どの機材がドコの電源口に繋がっているか?』の判断がとてもしやすくなります。